30代になるまで、「肌を育てる」という事の意味が分からなかった。

思えば10代の頃から、肌の悩みはずっとついてまわっていた。長い長い、約20年の付き合い…。初めて白漢しろ彩を意識したのは多分中学生の頃。その頃の悩みはもっぱら額に出来るニキビと鼻の毛穴。いつもツヤツヤテカテカしていた肌は、潤いといえば聞こえは良いけれど、おそらく過剰に分泌している油分。今では貴重なツヤも当時は嫌で嫌で、ゴシゴシ洗っては肌を傷付けて、鼻パックをしては余計に毛穴を開かせていた。少し額のニキビの勢いが落ちついたと思ったのも束の間、20代になると、今度はニキビが顎へと移動してきた。この頃は鼻パックで無理やり角栓を取るのは逆効果であると知ったものの、オイルクレンジングブームもあって(そんな時代もあったのです)、私はまだまだゴシゴシグセを止められずにいた。繰り返すニキビ。そしてゴシゴシの代償?赤み。キレイな肌になりたくて、ニキビケアのものはもちろん、美白効果のありそうなものなど色々と試してみた。今、30代も後半。相変わらず肌の悩みに振り回されている。出産で肌質がガラリと変わって、余計に敏感になったようにも思う。でも、長年肌と向き合ってきて、最近何となく感じた事。多分私は、ちょっと肌に結果を求めすぎていたかなと。まずはキレイに手を洗うところから。ゆっくりと優しく、洗い残さずに洗顔をする。そうっとこすらずに、化粧水を浸透させる。(私には)少し足りないかな?くらいのクリームを優しくのせる。子育てしながらゆっくりスキンケアをするのはかなり難しいのが現実だけど、出来るだけ、気持ちだけでもお肌に集中。結果をすぐに求めず、肌を育てるように、見守るように…。紆余曲折あったけど、シンプルだけどこのお手入れが、今のところ1番肌が落ち着く。