教育ローンの返済方法について紹介します

国が貸し付けている教育ローンをご存知ですか?国の教育ローンは日本政策金融公庫が取り扱っています。
国の教育ローンは教育一般貸付と呼ばれ、最高350万円までローンを組むことができます。
金利はわずか年1.76%と低く設定されているほか固定金利なので利子の心配はあまりありません。
子供の人数や保護者の年収(所得)によって利用可能な年収の上限額が変わってきます。
使途は民間の融資機関よりも幅広く在学のために必要となる住居費用などにも使うことができます。
教育ローンの申し込み方法について説明します。
申し込み方法は郵送で申し込む方法ややインターネットでの申し込みなどがあります。
郵送の場合は、まず電話などで借入申込書を請求しましょう。
その後届いた書類を記入し、返送します。
インターネットの場合は事前診断コーナーがあるのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。
仮審査の申請もネット上で行えますしとても便利ですよね。
仮審査を申し込む手続きが終わりましたら受付けた旨のメールが届くはずですので忘れずに確認しましょう。
教育ローンについてご紹介します。
教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。
学生の保護者が学費や入学金などの支払いのために申請することが多いようです。
専門学校や大学・短大の学費、私立の小・中学校なども利用対象となります。
教育ローンの融資を行っている金融機関は大手銀行をはじめ、地方銀行やノンバンクになります。
事前に確認しておきたい点として、借入先によって保育園にかかる費用や習い事には教育ローンが利用できない場合があります。
銀行が貸付する教育ローンはたいてい、低金利な商品が多いです。
ノンバンクの教育ローンと比べて融資金額も大きくローンの返済期間も長めに設定されているので余裕を持って返済ができます。
近頃はネットバンクも普及しているのでWeb上で手続きをするだけで完結できる銀行が多くなり利便性もとても向上しています。
銀行口座を未所有でも申し込めるというローンもありますが口座があると優遇金利を受けられる銀行が多いです。
給与振込や住宅ローン利用でも金利が安くなる銀行もあります。
埼玉りそなの教育ローンについてご説明します。
埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンという商品になります。
りそな教育ローン変動金利なので1年に2度、4月1日と10月1日に金利が見直されます。
現在の店頭表示金利は2.20%ですが同行で住宅ローンを利用している人は1.80%まで割引金利が適用されます。
最大借入可能額は500万円となっており返済期間は最長14年です。
在学中は利息のみの返済が可能だったりすでに学費を払い込んだ後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットもあります。
教育ローンという進学などのため費用を融資してくれるローンを提供している金融機関は銀行をはじめと信販会社など至る所にあります。
その中で特におすすめなのは教育一般貸付という日本政策金融公庫が提供する国の教育ローンです。
最高融資額は350万円となり銀行などと比べると少なめですが、年利はわずか1.76%で固定金利なので安心ですね。
使途は大学や高校以外にも専門学校や各種学校など幅広く対応しています。
使い道も入学金や授業料に限ったことでなく定期代や賃貸住宅の支払いなど広範囲に認められています。
教育ローンの返済方法について紹介します。
教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から支払が始まります。
利息に関しましては通常、借りた日の翌日から発生しますが在学中は利息のみの返済でOKというローンもあります。
教育ローンの返済期間は医療系の就学費用などで最長20年というものがあります。
しかし、返済期間が長期化すれば返済金額が増えていきますので気を付けねばなりません。
教育ローンと言っても借金なので事前に返済シミュレーション行い、返済計画をきちんと立てることが重要です。
教育ローンと奨学金の違いをご存知ですか?教育ローンと奨学金は教育のためのお金と言う点では共通しますがそれぞれ異なるものです。
教育ローンというのは借主は保護者となりますが奨学金は学生である本人に貸し付けられるものです。
借り方についても2つのローンには違いがあり、教育ローンは一括で振り込まれますが奨学金は毎月ごとに定額で振込まれるのが基本です。
利息についても違いがあり、教育ローンは借りた日の翌日から発生するのに対し、奨学金の場合は、在学中には利息は発生しません。
返済開始の時期ですが、教育ローンは借りた翌月から始まるのに対し奨学金の返済は卒業後からになります。