夏の基礎化粧品選びで是非とも知っておきたい成分

夏の強烈な紫外線が肌に大きなダメージを与えることは知られていますが、美白化粧品を選ぶ際にはその成分のことも頭に入れておくといいですよね。
そこで、美肌よう化粧品で用いられる成分のご紹介をしましょう。まずは、持続性ビタミンC誘導体。肌の表面でのシミは肌の中ではメラニンと呼ばれるものです。
そして持続性ビタミンC誘導体はメラニンを淡色にさせると言われています。そもそも紫外線を浴びれば活性酸素が発生しますが、活性酸素を中和させていくというビタミンcです。
持続化は、ビタミンCの酸化しやすさを改善しているので持続性と呼ばれています。この成分が含有されている基礎化粧品を選ぶことも1つです。
類似した成分にはビタミンC誘導体というものがあります。こちらは持続性はなく、ピークから徐々に効用が下がるという特性があります。
ビタミンC誘導体と持続性ビタミンC誘導体、ホワイトニングローションに含有されているので、どちらがいいのか自分で決めてもいいでしょう。