呼吸をすることが何よりも大切

現代人は、姿勢の悪い人が多い。姿勢が悪いと、呼吸をしづらい体勢になる。すると、体の細胞が元気がなくなるため、本調子を出せなくなるのだ。実は私も以前、呼吸をしづらい体勢で生活をしていた。そのせいか、呼吸困難になりがちだったのだ。呼吸困難になると、以上に眠くなってしいまう。気持ちが足りないと言われるが、理解力低下してしまって眠さが増長されるのだ。
呼吸をしやすい体勢を心がけてから、毎日が過ごしやすくなった。眠たくなる回数が減り、しかも目が冴えるようになったのだ。パソコンをじっと見る回数が減ったのも要員の一つだと思うが。呼吸をしやすい体勢をするときのポイントは、頭の位置をまっすぐにすることだ。頭をすこし前に出すと、気管が狭くなるので呼吸がしづらくなる。たったこれだけのことだが、やってみるとかなりの効果があるのだ。
私は眠るとき、よく呼吸困難になっていた。しかし、頭の位置を前にすることによって呼吸困難になりづらくなったのだ。今ではぐっすり眠れるし、朝の目覚めもよいのだ。あと、もう一つ大切に思っているのは、焦らないことだ。焦っている時、人は思っている以上にストレスを受ける。特に、私は戸惑ってるときに、心臓がしんどくなっていたのだ。