めんどくさがり屋の時計屋

時計調整器新種の時計屋は金持ちだがモノグサなことで知られていた。
時計屋の主人には店中の時計を調整するという日課があったのだがものぐさ流れにはこの日課が面倒で面倒で耐えられなかったのだ。
ある日主人は奇天烈な発明で有名な n 博士の所に大金の入ったアタッシュケースを持って訪れた。
あなたが変な発明をしてくれるっていう n ハカセカイ変化は知らないが人の作らない機械なら何でも作りますよ私の店には時計が300個ぐらいあるんだが毎日調整するのが面倒でしょうがないんだ金はあるから全部の時計を調整する機会を作ってくれないか。
ふーんなかなか興味深い題材ですねわかりました一週間後にまた来てください。
一週間後時計屋の主人はサイド N 博士のもとにやってきた赤瀬機械はできましたか博士はアタッシュケースに真空管がついたような機械を前にと唸っていた